製品紹介
DataSpider

DataSpiderは、企業内外に散在するシステム、データを簡単・便利に「つなぐ」データ連携ソフトウェアです。
業務目的やアプリケーションによって異なるフォーマットのデータが存在する
異種混合のシステム環境でのデータ利用には、 連携を行うためのプログラムが必要でした。
このような連携プログラムを個別に導入・開発・運用するには技術スキルと開発コストがかかり、システム構成も複雑化してしまいます。
DataSpiderは、このような異種混合のシステム環境で、マルチな連携を容易に実現し、
データ連携を含むアプリケーションの効率よい開発・運用を目的に開発された統合プラットフォームです。(開発元:株式会社アプレッソ)

DataSpiderの特長

DataSpiderによる開発・運用管理では、専門的な技術知識、複雑なプログラミングなど、開発に伴うスキルや労力は不要です。熟練したプログラマでなくても効率よく開発できるよう、GUIベースでビジュアルに開発できる環境とツールを豊富に備えています。

各種ファイル形式、データベース、LotusNotes、SAP、Salesforce、BIツール、プロトコルなど、多種多様な接続先に応じたアダプタが提供されています。
入出力対象のデータ項目の関連付けや抽出、変換、加工、複数のファイルのマージは、プログラミング言語と同様の機能がGUIツールで提供されていますので効率的に開発することができます。

一連のデータ連携処理を含むスクリプトは、そのまま実行でき、テストやデバッグ、モニタといった機能も充実していますので、スムーズな開発と業務展開が可能になります。
スクリプトはDataSpiderによってJavaプログラムに変換されてから実行されます。
データの読み込み、変換、ストアの一連の処理を並列実行して効率よく処理することもできます。また、実行ログを管理するなどの運用支援機能も装備されています。

DataSpiderでの開発・運用

統合開発環境であるDataSpider StudioはDataSpiderの開発オペレーションを行います。
DataSpider Studioから各機能を起動し、フロー/マッピングなど、処理の作成やトリガーによるサービス起動の自動化を設定できます。

データ連携に必要なスクリプトを作成するモジュールです。
連携対象をウィザードによって設定し、データ連携のフローを効率的に作成します。デザイナでは、マウスでドラッグ&ドロップすることで、データの処理フローを定義していきます。
データソースからデータの入出力を行うアダプタや変換を行うMapperの他、条件分岐や繰り返し処理、例外処理などの各種機能アイコンが提供されています。

連携元と連携先のデータ項目の関連付けはMapperで行います。
対象データの演算・抽出・加工には、約130種の豊富なロジック(関数)アイコン が用意されており、Java開発と同様のプログラミングをGUIだけで可能にします。
また「全角/半角」「和暦/西暦」「数字/漢数字」など、日本特有の便利なアイコンも用意されています。

DataSpiderで作成したデータ連携スクリプトは、トリガー機能によってさまざまなタイミングで自動起動することができます。

  • ファイルトリガー
  • Webサービストリガー
  • HULFTトリガー
  • スケジュールトリガー
  • HTTPトリガー
  • StraForm-Xトリガー
  • アプリケーショントリガー
  • DBトリガー
  • AppFabricトリガー
  • SAPトリガー

各種ソーシャルアダプタ

TwitterやFacebookといったソーシャルメディアのデータをビジネスに活用したいというニーズが高まっています。
ソーシャルメディア上でつぶやかれた口コミ情報と売上の関連性を比較したり、クレーム内容を拾って営業やサポート担当者がアクションを起こすなど、ソーシャルメディアをビジネスに活用するシーンは沢山あります。
そのためには、企業内のシステムとソーシャルデータを手軽に扱える仕組みが必要不可欠です。 このような場面にDataSpider Servistaをご活用いただき、ソーシャルメディアと企業内システムをつなぎ、皆様のビジネスにおけるデータ活用の向上を支援します。

お問い合わせ
お気軽にお問い合わせください。
【営業時間】平日8:40〜17:30