製品情報

ライセンスキューブ

ライセンスキューブ

多角的な分析で ソフトウェアライセンスを最適化
複数の部門・組織から個別に調達されてきたライセンスを可視化。全体から見た場合の「重複」や「偏り」、そして「埋もれていたソフトウェアライセンス」を明らかにします。可視化したライセンス情報を基に、「コスト」および「コンプライアンス」の最適化に貢献する最善のプランを検討し、詳細なレポートと共に提案させていただきます。

サービス提供元:SoftwareONE Japan株式会社

ライセンスキューブのメリット

IT の長期的な戦略活用
メリット1
IT の長期的な戦略活用

仮想化やクラウドサービスなどの最新ICTを効果的に活用し、IT環境を整え続けていくためには従業員数や情報端末数の変化だけではなく、タブレットやスマートフォンなど、多様化する情報端末の増減も考慮しながら、柔軟にライセンスを調達できる環境が重要になります。

コスト最適化
メリット2
コスト最適化

グループ会社内の重複をなくすことで、全体のコストをスリム化。新規の業務ニーズに即したライセンス調達に際しても、一切の無駄なく計画することが可能になります。
さらに、スマートフォンやタブレットの普及などによって、ユーザーが使用する端末数が増え続ける現状に適応し、コストを最適化する提案をいたします。

コンプライアンスの徹底
メリット3
コンプライアンスの徹底

お客様内のライセンスを把握することで「サポート期限切れ」など、セキュリティの “穴” となるリスクを明確にし、対策することが可能になります。
さらに、オンラインで PC 上の資産管理を行える環境を継続活用することで「ユーザーによるライセンスの複製」などのコンプライアンス違反を厳格に管理することが可能になります。

実施項目

ボリューム ライセンス購買分析
ボリューム ライセンス購買分析

グループ会社において、過去にご購入いただいたボリューム ライセンスの全履歴をもとに保有ライセンス数を洗い出し、「過去の購入傾向」や「購入サイクル」、さらにお客様の「ライセンス マップ」などのレポートを作成します。

「所有ライセンス」「有効ライセンス」の見える化

ライセンス コスト シミュレーション
ライセンス コスト シミュレーション

過去のライセンス金額の実績を算出。さらに、今後 10 年にかかるソフトウェア ライセンスの購買金額をシミュレーションし、「より良いライセンス契約の提案」へとつなげます。

「ソフトウェア ライセンスの TCO」の見える化

オフィスソフトウェア使用状況チェック(オプション)
オフィスソフトウェア使用状況チェック

メータリングツール「 SoftWatch 」を、お客様のネットワーク上に存在するクライアントPCにインストール。オフィスソフトウェアの実際の使用状況情報を収集し、ボリューム ライセンス購入履歴だけでなく、その利用状況を可視化することにより、ライセンスの最適な配置に役立てることができます。

「インストール済みソフトウェア」の見える化

クラウドサービス導入支援サービス(オプション)
クラウドサービス導入支援サービス

長期的なICT戦略活用を行うため、新たにクラウドサービスへの移行やアップグレードを行うお客様を導入準備から継続的に支援。ライセンスの最適化とともに、クラウドサービスの構築からお客様内への周知活動、そして導入後の効果測定まで多彩なサービスを用意しています。

「クラウドサービス導入効果」の見える化

製品に関するお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

toTOP